Excel_値の比較

EXACT ( ) 関数

exact:正確な、きっかりの、精密な、厳格な

 

大文字小文字区別して比較してくれる。A と a は違うものと判定。
フォントサイズ区別しないA と A は同じものと判定。

同じであれば TRUE
異なるのなら、FALSE が返る。

 

書き方

結果を表示したいセルに、
=EXACT(A1,B1)
※ セル A1、B2 には比較したい値や文字列が入っている。

返り値 ( 表示される文字 ) のTRUE FALSE変えたい場合は、
IF () 関数を用いる。
=IF(EXACT(A1,B1),"OK","NG")
※ 文字には[ " ] 必要。

f:id:koshinRan:20170729013444j:plain

 

こちらから
https://kokodane.com/kan45.htm
https://support.office.com/ja-jp/article/EXACT-%E9%96%A2%E6%95%B0-d3087698-fc15-4a15-9631-12575cf29926

 

以上。

EXACT() の結果が TRUE ( or FALSE ) だった場合、
セルに色を付けるまでがワンセットのつもり。

バッチ処理とは

 

どこかのタイミングで、溜まったデータをまとめて処理すること。
batch:一束、一群
コードを書いた紙をパンチしていた時代の言葉。

ex)
データを集計したり、バックアップを取ったりなど。

バッチファイル ( .bat ):
一連のプログラムがまとめて記載されている。

 

対義的な語が
リアルタイム処理:即時にデータを処理すること。

 

こちらから。
http://wa3.i-3-i.info/word11215.html
http://www.pc-master.jp/words/batch-realtime.html
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%81%E5%87%A6%E7%90%86

 

以上。

Excel_グラフの 系列名 の変更

作成した後に変更する際は、[ データ選択 ] を使用。
最初から任意の名前にしたい時は、グラフ作成時に名前を付ける。

 

[ データ選択 ] を使用

※ グラフは作成済み。

  1. グラフ上で変更したい系列名を選択し右クリック
  2. [ データの選択 ] をクリック。
  3. 変更したい系列名を選択し、[ 編集 ] クリック。
  4. [ 系列の編集 ] ウィンドウが開く。
  5. [ 系列名 ] に変更したい名を入れる
  6. [ OK ] クリック。
  7. [ データ ソースの選択 ] ウィンドウに戻るので、
    ここでも[ OK ]クリック。
  8. 終わり

キャプチャ ( クリックで拡大 )

1.2.
f:id:koshinRan:20170727020925j:plain

3.5.
f:id:koshinRan:20170727021135j:plain       f:id:koshinRan:20170727021240j:plain

8.
f:id:koshinRan:20170727021450j:plain

 

作成時に名前を付ける

以下の様に名前込みで選択し、グラフを挿入すると任意の名前となる。

 

f:id:koshinRan:20170727023722j:plain
f:id:koshinRan:20170727023959j:plain

 

こちらから。
https://support.office.com/ja-jp/article/%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E7%B3%BB%E5%88%97%E3%81%AE%E5%90%8D%E5%89%8D%E3%82%92%E5%A4%89%E6%9B%B4%E3%81%99%E3%82%8B-9b52c40f-b49c-46c9-803e-c38888eb350a
https://support.office.com/ja-jp/article/%E5%87%A1%E4%BE%8B%E3%81%AE%E5%90%8D%E5%89%8D%E3%82%92%E5%A4%89%E6%9B%B4%E3%81%99%E3%82%8B-19956c77-d214-4e88-a3cb-1ed59c869dd4

 

以上。

Excel_グラフの軸目盛りを逆にする

基本、左下が始点でグラフが作成されるが、
始点を左上などに変更したい時の操作。

↓ のようにしたい時。
f:id:koshinRan:20170727014706j:plain

[ 手順 ]

  1. 変更したい軸を選択し、右クリック
  2. [ 軸の書式設定 ] を選択。
  3. 左メニュー [ 軸のオプション ] ->
    [ 軸を反転する ] にチェック
  4. [ 閉じる ]クリック。

キャプチャ ( クリックで拡大 )。

1.2
f:id:koshinRan:20170727014330j:plain

3.
f:id:koshinRan:20170727014644j:plain

 

以上。

ラジアン ( Ver 計算 )

ラジアンは、

f:id:koshinRan:20170725005640j:plain

 

角度 から ラジアン の変換

f:id:koshinRan:20170725012633j:plain
角度にかける。

 

比の計算から「 π / 180 °」となる。

180°= π
※ 1 rad の 3.14 倍      ※ π はラジアン

180°: x°= π : 求めたいθ [rad]

f:id:koshinRan:20170725010744j:plain

ex) 30°、45° の時のラジアン

f:id:koshinRan:20170725011439j:plain

 

1 ラジアンを 度 に変換

180° =  π  から計算

f:id:koshinRan:20170725231931j:plain

θ rad は 「 弧の長さ ÷ 半径の長さ 」より求められる。
1  rad は 「 弧の長さ = 半径の長さ 」より、
1 となる。 

 

弧の長さを求める公式 から計算

f:id:koshinRan:20170725232124j:plain
この式は、
円周に「360° に対する中心角の割合をかける
という意味。

 

弧の長さを l で表す。1 rad は半径と同じ長さなので l = r

f:id:koshinRan:20170725233332j:plain

 

こちらから。
http://www.geisya.or.jp/~mwm48961/kou3/sin000.htm
https://sci-pursuit.com/math/radian.html
http://oto-suu.seesaa.net/article/166620116.html

 

以上。

x° も α° も扇形の中心角を表す。

--Memo--
3.14 = π
円周はどの円も必ず直径の 3.14 倍になる。
円を長方形に変換すると、
面積は「 半径×円周 」により「 半径×半径×3.14 」

 

ラジアン ( 弧度法 ) とは

円の半径 の比 によって角度を表す単位
[ rad ( ラジアン )] と表記する。
省略することが多い。

この角度の測り方を弧度法という。
[ ° ] で表す測り方は度数法。

弧の長さ半径同じになる扇形の中心角を基本単位としている。
この基本単位が 1 rad。

f:id:koshinRan:20170724012242j:plain

弧度法は、三角関数の極限・微分などの操作が簡単にできる。

 

何故単位が省略可か

ラジアンは、半径の長さ 弧の長さであるともいえる。
比であるなら単位なしとみなすことができ、
単位 [ rad ] を省略することが多い。

弧の長さの単位 ÷ 半径の長さの単位 で
単位は打ち消しあって無くなる

θ と書かれている場合は θ rad のこと。
度数法で角度を表すときは[ °] を絶対つけなければならない。

 

1rad ≒ 57.3°

 弧 = 半径 の時、角度は度数法で約 57.3°。
1 rad を約 3.14 倍すると 180°

半円周の長さは r π
半径 rπ( 3.14 ) したもの。

1 rad の弧の長さは 半径と同じ長さなので、
円の半円周は、
1 rad の時の弧の長さ r π ( 3.14 ) したものといえる。

f:id:koshinRan:20170724013602j:plain

π rad = 180°
2π rad = 360°

 

こちらから。
http://wakariyasui.sakura.ne.jp/p/math/ryou/radian.html
https://sci-pursuit.com/math/radian.html
http://mathtrain.jp/kodohou

 

以上。

C++_using namespace std; が非推奨なワケ

std
標準ライブラリ。
vector や数学の二乗などよく使う関数がこの名前空間の中に入っている。

 

using namespace std;

NG

標準の関数と同じ名前の関数を作ってしまった時
区別がつかなくなる故、
std という名前空間にあるコードを、自分が作った名前空間
グローバルに持ちこんでしまうのはよくない

 

使う部分だけをusing で宣言し、影響を最小限にする。

using std::cout ;
using std::endl ;

これで std:: を略して書ける。
std::cout << "aa" << std::endl;

cout << "aa" << endl;

 

こちらから。
http://qiita.com/_EnumHack/items/430da105a541f9ecd774
http://marycore.jp/prog/cpp/de-using-namespace-std/
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%99%E6%BA%96C%2B%2B%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%AA

 

以上。