統計

相関係数などの単語メモ

寄与率がピンとこないので調べていったら、相関係数とか色々単語が出てきた…。 因子負荷量 相関係数のこと。主成分負荷量ともいう。主成分に強い関係を持っている因子を選択するのに使用される。主成分に強く寄与している変数を見つけることが重要。-1 か 1 …

帰無仮説について

因子負荷量調べてたら危険率という単語が出てきたので調べた…。 仮説検定 統計的活動の中で検定という活動は、仮説検定とか統計学的検定と呼ばれる。 1 つの仮説を立ててその仮説が正しいとし、実際に観測や実験で得たデータ ( 標本データ ) から平均と分散…

主成分分析とは 01

「主成分分析とは」 → 「何が良いのか」 → 「情報量と分散」 → 「主成分軸」 ・統計学上のデータ解析手法の一つ。・多種類のデータを要約する為の強力なツール。・多次元データのもつ情報をできるだけ損なわずに低次元空間に 情報を縮約する方法。 主成分:…

確率変数とは

プログラミングにおける変数は知っているが、統計学で出てくる変数がいまいち分からなかった。 変数とは 未知 or 不定の数や対象を表わす文字記号のこと。「 y = 2x + 4 」なら、 y と x が変数。y が目的変数。x が説明変数。 確率変数とは ※全て同じ意味だ…

統計_標準誤差

標準偏差とよく似たものに標準誤差 ( SE:StanDard Error ) というものがある。これは標本平均のばらつきを表す。 標本平均で「母平均を推測する時の誤差の大きさ」を表す指標になる。 標本平均の度数分布を描く 無作為抽出した標本から平均値を取り、この値…

統計_データの要約法 ( 標準偏差と不偏標準偏差 )

母集団の要約法について。 標本集団の要約値は母集団の要約値と近似。 平均は近似するが、分散は n で割るのでなく ( n-1 ) で割る。 ( n-1 ) で割った分散のことを不偏分散。不偏分散 は母集団を推定する時に使用。 不偏分散の平方根が不偏標準偏差。 標本…

統計_データの要約法 ( 度数分布図 と 標準偏差)

どのようにデータを要約し、どのように集団の様子を記述するのか。 1.グラフを描く。2.平均値を求める。3.標準偏差を求める。 度数分布図 データを要約したい時は、グラフ化する。横軸にデータの値を取り、縦軸にその数をプロットした度数分布図を用いる…

統計_無作為抽出 と 準母集団

無作為抽出 母集団を構成する個々の人または固体を等しい確率で抽出する。 よって、無作抽出では母集団の中の特定の人または特定の個体に偏ることがないように、無作為どころか乱数表などを使って、大いに作為的に選び出す。 医学や薬学の研究現場で行う実験…

統計_統計学とは

統計学 多くのデータを要約し、中に含まれている情報を把握するための手段。 要約した値のことを統計量という。統計量には 平均値、分散、標準偏差、などがある。 データ:数字。情報 :データを整理して意味付けしたもの。 要約値:複数のデータを四則演算…

統計_ヒストグラム と 散布図

統計カテゴリーでいいか不明だが、統計にしておく。 ヒストグラム データの散らばり具合を見る。( 度数分布を表現する時に使う ) 連続する何かを区切ったもの( 階級 ) を横軸にとり、横軸に対する個数 ( 度数 ) を縦軸にとる。 ex )階級は、連続する hoga を…