読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VBA

VBA_処理を繰り返す( Do や While や Until の違い)

VBAの繰り返し構文は Do がない構文とある構文がある。 Do ありは条件の判定を処理前か処理後か書き分けることができ、 [ Exit Do ]を用いることにより、ループの途中抜けることができる。 (使いどころとしては、Do文の中にあるIf文の中で Exit Do を記述す…

VBA_CSVファイルをエクセルファイルに書き込む

前書いたまとめ。詳しいコード説明は記事末尾のリンクから。 手順としては以下。 1.CSVファイル・エクセルファイルを開く2.CSVファイルのデータを1行ずつ読み込む3.読み込んだデータをエクセルファイルに書き込む 以下ソース。読み込むCSVの一行分のデー…

VBA_セルへの書き込み

CSVファイルのデータをエクセルに貼り付けるには、の続き 1.CSVファイル・エクセルファイルを開く2.CSVファイルのデータを1行ずつ読み込む3.読み込んだデータをエクセルファイルに書き込む 3.のコード↓ ( -ex-セルA2に値100を書き込む ) Workbooks("ファ…

VBA_Valueのありなし

Cells(2, 1) = hoge Cells(2, 1).Value = hoge 二つとも同じ挙動。( セルA2にhogeを入力 ) Cells(2,1) = hoge は、 Value が省略されているだけ。 ----【もう少し詳しく】------------------------------ VBA は以下の構文になる。 対象.様子(状態) = 値 対…

VBA_ファイルの読み込み(Input # と Line Input #)

CSVファイルのデータをエクセルに貼り付けるには、の続き 1.CSVファイル・エクセルファイルを開く2.CSVファイルのデータを1行ずつ読み込む3.読み込んだデータをエクセルファイルに書き込む 2.のコード↓。 Input #1, a, b, c, d または Line Input #1, x …

VBA_ファイルを開く

CSVファイルのデータをエクセルに貼り付けるには、 1.CSVファイル・エクセルファイルを開く 2.CSVファイルのデータを1行ずつ読み込む 3.読み込んだデータをエクセルファイルに書き込む 1.のコード↓。 Open "ファイルパス\ファイル名.csv" For Input As #…

VBA_IF文

VBAでのIF文の書き方。 範囲 C1:C8 において、aaa 文字を各ファイルごとに別の文字にするコード。 ※ ファイル名もシート名も記述する。 と、前の記事に書いたがIf以下のファイル名を省略しても想定通りに動いた…。 Sub ifthen() For i = 2 To 4 Workbooks.Op…

VBA_置換

VBA挑戦3。例によって置換する対象のファイル数が多いので。 Sub replace() i = 2 Workbooks.Open "絶対パス\hoge_" & i & ".xls" Workbooks("hoge_" & i & ".xls").Sheets("test001").Range("C1:C8") _ .replace What:="検索文字", Replacement:="置換文字"…

VBA_セルの切り取り貼り付け

切り取って貼り付ける範囲が大きく、ファイル数も多いのでVBAに挑戦2。 Sub move() Workbooks.Open "絶対パス \ hoge.xlsx" Workbooks("hoge.xlsx").Sheets("test001").Range("C1:C7") _ .Cut Destination:=Workbooks("hoge.xlsx").Sheets("test001").Range(…

VBA_ファイルのコピー(2007ver 拡張子は.xlsx)

hoge.xlsx を 10コピーしてファイル名を10回変更するという作業をやりたくなかった ので、VBAに挑戦。 Sub copy() For i = 2 To 10 FileCopy "絶対パス \ hoge.xlsx (コピー元)", "絶対パス \ hoge" & i & ".xlsx(コピー先)" Next iEnd Sub ※ 『 FileCopy "…