読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

叩き潰そうとしている言葉

こういう言葉で自信を「意図的に」奪っているのか、
と下記の記事から勉強になったので引用。というか自分用メモ。

www.recomtank.com

 

↓ 上司が部下を奴隷化するプロセス( 洗脳?  っぽいなと思った)

1) 最初は人目のあるところで優しく接する

周囲に良いイメージを植え付けるため。

2) 仕事でミスをしたら徹底的に潰す。

ミスだけでなく経験・スキルまで否定する。

「前の会社ではこういうこと教えてもらえなかった?」
「何も考えないで仕事やっているの?」
「大学に戻った方が良いんじゃないの?」
「レベル下げて教えないとダメか」

メンタルが弱い部下はここで落ちる。

上記の内 4 つ言われたわ。もしかするとこれは本当に自分がダメなだけかもしれんが。
これ以外にも「あなたは何ができるんですか」「もう仕事任せられない (しばらく仕事が振られなかった)」

3) 部下ができない奴、という印象を周囲へ植え付けていく

「いやー、指導って難しいよな、なかなか伝わらんわ」
「あいつ今度はこんなミスしてよ…」
「これはアイツがやったんだ。俺から言っておくわ。ごめん」

部下の能力が低いを持って上司は頑張っている、と周りへのイメージが出来上がる。
部下が誰かに相談する時は誰も味方する人はいない。

4) 更に真綿で首を締めるように追い込んでいく

「この仕事向いていないから相当努力しないとな」
「家帰って勉強しているんだよな?してない?仕事なめているのか」
「もう少しちゃんと勉強しようね」

自分は能力が無い、と自覚させることで部下の反抗心が完全に消える。

 

以上、奴隷化・洗脳の完了。

 

退職する道を防ぐ言葉

「他の会社はこんなに甘くないからな」
「中途だと実績がみられるからね」
「普通はこんなに面倒見てくれないよ。俺の気持ちにもなってくれよ」
「今ダメで、次ダメだったらどうするの?逃げるの?」
これらの言葉で「俺はここから逃げたら人生終わりなんだ」と刷り込む。

これで部下は転職をしなくなる。

 

とな、改変したが大体こんな感じ。
こんな言葉が出たら、よっしゃーと思いながら時間と言葉メモることにしようかな。
ちゃんと前後の状況も入れて。

今日は以上。