C#_TryParse と Parse の違い

どちらも 文字列 → 数値 に変換する処理。

違いは

文字列 → 数値 に変換できない時処理が止まるか否か

Parse     :止まる ( 例外発生 )

TryParse:止まらない
TryParse( 変換する文字列, out 変換後の値を受け取る変数 );
変換する文字列が数値として有効なら変換した数値、無効なら0 を返す

 

ex) TryParse も Parse も処理は正常に終了

int i = int.Parse("55");
int ii;
Int32.TryParse("55", out ii);
//両方55が出力
Console.WriteLine("{0},{1}",i,ii);

 

ex) TryParse では処理続行Parse では処理中断

//例外により処理中断
int i2 = int.Parse("a");

//処理続行
int ii2;
Int32.TryParse("a", out ii2);
//0が出力
Console.WriteLine("{0}",ii2);

 

以上。

こちらから参照
http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/dotnettips/408tryparse/tryparse.html
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/f02979c7(v=vs.110).aspx