WAIS-Ⅲ の検査内容

WAIS-Ⅲ 検査を受けたので。
WAIS (ウェイス) と読む。知能検査認知学習の特性を見るもの。
発達障害は知能検査の結果に基づいて判断できるものではない
認知学習:刺激から反応が生じる時の動き

 

2 日間かかった。
1 日目に WAIS-Ⅲを受け、
2 日目に心理士との対話。成育歴を話した。

時間と費用は下記。
1 日目が約  2 時間半・2 日目が 約 1 時間。
1 日目が約¥ 4,000 ・2 日目が 約¥ 1,500。
( 受ける前の初診が約¥ 4,000 )

 

WAIS-Ⅲの内容

言語性検査動作性検査 から構成されている。
結果は、IQ の他に群指数という知能指数も出される。

 

言語性検査

言語的能力や言葉の知識、言葉を使って考える能力の検査。
生育環境、学習環境、社会階層などに影響を受けやすいと言われている。

 

言語性 IQ の下位検査 (構成要素)

項目 検査内容 検査能力
知識 一般的な知識について答える。
ex) 表現の自由が重要なのは何故ですか。
一般的な知識の量。
類似 2 つの言葉に共通することを答える。
ex) バナナとリンゴどこが似ていますか。
理論的・抽象的な
考えができるか。
単語 単語の意味を答える。
ex) 冬とはなんですか。
語彙の多さ、言葉の
発達の程度。
理解 日常的なこと、社会のルールに
ついて答える。
ex) 五里霧中とはどういう意味ですか。
実践的な知識や
経験を扱う力。
算数 算数の問題に制限時間内に暗算で
答える。
ex) 問題は加算減法、道のり、原価、仕事など。
計算する力。
数唱 聞いた数字を同じ順で答える、
逆の順で答える。
ex) 「8-7-4」を聞いた後に順唱「8-7-4」
逆唱「4-7-8」
耳で聞いたことを
覚えておく短期能力。
語音整列 数字と仮名の組み合わせを聞き、
数字を昇順に唱えたり仮名を
五十音順に並べる。
五十音や数字の
順序を扱う力。

青が言語理解、緑が作動記憶群指数算出に用いられる。
理解 はカードを見て答えた。それ以外は全て口頭出題。メモ禁止。

 

言語理解が低いと、言葉の理解や扱いが苦手になる。
ex) 会話についていけない、自分の気持ちを説明できない。

作動記憶が低いと、耳で聞いたことを忘れやすくなる。
ex) 聞き間違いが多い。人の名前や約束をすぐ忘れる。

 

動作性検査

目で見た情報や空間的な情報を処理する能力の検査。
( 目の前の状況に対応できるかという流動性知能の検査 )
生まれつきの能力に影響されることが大きく、後天的な影響を受けにくいらしい。

 

動作性 IQ の下位検査 (構成要素)

項目 検査内容 検査能力
絵画完成 絵に欠如している部分を指摘する。
ex) 車にタイヤが付いていない。
視覚的な長期記憶。
視覚刺激に
素早く反応する力。
行列推理 複数の図形の中から法則性を見つけ、
選択肢から適当なものを選ぶ。
CAB 法則性の問題みたいな感じ
似ている点を
探し出して推測する力。
積木模様 見本をみて、その通りに積み木を
並び替える。
全体を部分へ
分解する力。
組合せ パーツを組み合わせて、具体的なものを
つくる。
ex) パーツを組合わせるとイルカになる。
思考の柔軟性。
部分間の関係予測。
絵画配列 絵が描かれたカードを、
物語が完成するように制限時間内に
並び替え。
結果を予測する力。
時間的順序の理解。
記号探し グループの中に見本
と同じ記号があるかを判断する。
視覚的な
情報を探しだす
スピード。
符号 記号 もしくは 図形とセットになっている
数字の表を参照に、
記号に合う数字をどんどん
書き込んでいく。
処理速度・正確さ。
視覚的な短期記憶。

紫が知覚統合、橙が処理速度群指数算出に用いられる。

 

知覚統合が低いと、目で見た情報を理解したり、
情報を頭の中でまとめたりすることが苦手。
ex) 地図やグラフが読めない。話を要約できない。

処理速度が低いと、目で見た情報を素早く正確に処理することが苦手になる。
ex) 仕事のペースが遅い、単純作業でまちがえるなど。

 

 

群指数

下位検査項目の因子分析によって抽出された 4因子。
因子:ある結果を成り立たせるもととなる要素。

群指数 能力
言語理解 言葉による知識を状況に応じて応用できる力。
知識を実生活に活かすことのできる能力。
算出に関わる下位検査は、単語、類似、知識。
知覚統合 目で見た情報を取り込んで、各要素を関連付けて全体
意味のあるものにまとめる力。
得た情報を様々な角度から分析してまとめる能力。
算出に関わる下位検査は、絵画完成、積木模様、行列推移
作動記憶
( ワーキングメモリ・
脳の中の記憶領域 )
注意を持続しながら耳で聞いた情報取り込み、
記憶する力。
小さいと、同時作業ができにくい。
算出に関わる下位検査は、算数、数唱、語音整列。
処理速度 目で見た情報を事務的に多く正確に処理する力。
作業スピード。
・算出に関わる下位検査は、符号、記号探し。

※理解、絵画配列、組合せは、群指数の算出には用いられない。

 

こ ちらから。
http://adhd.nerim.info/examination/wais.html
https://h-navi.jp/column/article/725
http://yaplog.jp/ayukko/archive/665
http://www.chikarinadhd.com/entry/2016/12/08/211134
http://www.nichibun.co.jp/kobetsu/kensa/wais3.html
http://rakkansyugi.blog.jp/archives/19267501.html
http://daigakuin.soka.ac.jp/assets/files/pdf/major/kiyou/22_kyoiku2.pdf
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11171711976
http://hsuzuki.com/planning/cb5.htm

 

以上。