C#_画像を保存

PictureBox に 表示されているイメージを保存。
Bitmap でも同様。bmp.Save でOK。

    //using System.Drawing.Imaging; 必要
    pictureBox1.Image.Save(@".\test.jpg", ImageFormat.Jpeg);

 

Save ( )

第一引数:保存先のファイルパス。
第二引数:保存する画像形式

第二引数必要

pictureBox1.Image.Save(@".\test.bmp");

↑ でも BMP 形式で問題なく保存されているように見えるが、
BMP 形式で保存されていない
( 保存したファイルのプロパティを見ても「ファイルの種類」が
bmp ファイル」となっているが、実際はBMP 形式ではない。 )

PNG 形式で保存されている。
(試したがデフォルト Jpeg で保存されているっぽい…何故 )

画像形式を指定しないとデフォルト PNG 形式として画像が保存される。
画像ファイルの読み込みも同様。
拡張子を指定しても、その拡張子に対応する形式で保存されない

なお指定可能な画像形式は
ドキュメントに記載されているもの全てが使える訳ではない。
使用できるのは、

となる。

 

画像ファイル形式

 

形式 説明
BMP Windows における、標準的な画像保存形式。
無圧縮のままファイルを生成するので、画質の劣化がない
JPEG

静止画像データ圧縮方式の一種。
圧縮率が高く、フルカラーの画像を扱える。

上書き保存・別名で保存を行うと画質が劣化する。
一度圧縮すると元に戻せない不可逆圧縮の為。

PNG

圧縮による画質の劣化がない可逆圧縮
ただし、容量は大きくなる。

透過情報を加えることができる。つまり透明にしたりできる。
WEB でビットマップ(Bmp)を画像を扱うファイルフォーマットとして
開発された。
1996 年に登場した比較的新しいファイル形式。

GIF

圧縮による画像劣化がないが、256 色までしか使えない。
JPG 特有のノイズが少なく、線の境界も綺麗に作れる。
ロゴマークやアイコンなどを保存したり、
載せたりするのに向いている。
1 つの GIF ファイルに複数の画像を入れて簡易な
アニメーションを作れる。

ネット回線の帯域が大きくなかった時代に、
Webページの表示ができるよう容量をできるだけ減らしたフォーマット。

データ容量が小さく透過処理が出来るが、PNG と違い半透明は扱えない
「完全な透過」または「不透明」のみ。

 

 

こちらから。
http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/dotnettips/020savebmp/savebmp.html
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/system.drawing.imaging.imageformat(v=vs.110).aspx
https://liginc.co.jp/web/design/material/50037
http://wa3.i-3-i.info/word1642.html

 

以上。