自己愛性パーソナリティ障害とは

自己愛性人格 障害 ともいう。

 

自己愛の未成熟から生じるパーソナリティ障害。
自分に対して誇大なイメージを抱き、注目や称賛を求める一方、
自分の話に他人も同調してくれると思い込んでいるため、
他者からのマイナスな評価に対して過敏に傷つきやすく
他者に対する共感性が薄いことを特徴とする障害。

自己愛:
自分を肯定して愛すること。
自己愛が出来ていれば、他者にも愛情を注げるようになる

 

 

特徴

誇大な言動

特別な人間だと思い込み、それに伴った言動が目立つ。
権威のある人と知り合いであることを自慢する。

 

他者からの評価に敏感

ミスや間違いを認めず、否定されると激怒
無視されると殺人・傷害事件に至るほどの憤りを感じる。
屈辱感を抱いたりすると、激しく怒り出す。
または憤りを超えてひどく落ち込み、自殺を考える。

 

他者への共感性の薄さ

自らの目標達成のため、人を利用したり裏切ったりという行為をする。
あまり意見を言えない人を従えて、自分が偉いかのように振舞う。

 

 

2 つのタイプがある

自己愛性パーソナリティ障害の人は「 3 つの自己」を持っている、
といわれている。

  • 誇大化させた尊大で高慢な自己
  • 欠陥人間だというイメージを持った自己
  • 奥底に隠れている本当の自己

この「 3 つの自己」の偏り具合によって表出する人物像が異なってくる

この表出の仕方によって 2 つのタイプに分類される。

 

無自覚型タイプ

自分は特別だと思い込み、社交的に振舞いつつも他人のことに興味はない
自分の利益だけを考えている。
自分の意向に沿わない時や責められると激怒することがある。

このような言動は、本来の弱い自分を守るための防衛本能といわれている。

特徴

  • 傲慢な態度
  • 他人に事は全く考えない
  • 注目の的でないと気に入らない
  • 言葉遣いが攻撃的
  • 他者の反応を気にしない
    怒りを表すことで気にしないことにしている
  • 人を傷つけても平気

 

敏感型タイプ

身の丈に合わない理想化した像を掲げるが、
現実と自分との間にあるギャップに悩む。
他者からの評価にすぐに傷つくが、本当は自分に才能があると思い続けている
故に自分自身を責めて落ち込んでいくサイクルが続く

特徴

  •  内気な態度
  • 意見や感情を出さない
  • 傷つけられたと感じやすい
  • 注目の的になるのを避ける
  • 他者の反応に対して敏感に落ち込む
  • 他者からの評価を気にする

 

 

境界性パーソナリティ 障害と見分けるのが難しい

境界性パーソナリティ 障害:
対人関係、自己像などの広い範囲において、
激しく考え方や感情が変化してしまう障害。

見捨てられてしまうのではないかという不安と
どう振舞えばよいのか分からない自己イメージの不安定さが
発症の背景にあると言われている。

自己中心的で対人関係の問題から情緒不安定をまねくなど、
自己愛パーソナリティ障害と共通点が多くある
原因も自己愛の未成熟が関わってくることから区別が難しい。

違いは
境界性:自己否定を繰り返す。
自己愛性:誇大化した言動を繰り返し、自信があるようにみえる。

 

そもそもパーソナリティ障害とは独立して存在するのではなく
重複している症状があるため、複数のパーソナリティ障害が併存しやすい
他のパーソナリティ障害と合併していることがあったり、判断が難しい。

 

こちらから。
https://h-navi.jp/column/article/35026371
http://get40.net/personality/t-zikoai.html

 

 以上。