ラジアン ( 弧度法 ) とは

円の半径 の比 によって角度を表す単位
[ rad ( ラジアン )] と表記する。
省略することが多い。

この角度の測り方を弧度法という。
[ ° ] で表す測り方は度数法。

弧の長さ半径同じになる扇形の中心角を基本単位としている。
この基本単位が 1 rad。

f:id:koshinRan:20170724012242j:plain

弧度法は、三角関数の極限・微分などの操作が簡単にできる。

 

何故単位が省略可か

ラジアンは、半径の長さ 弧の長さであるともいえる。
比であるなら単位なしとみなすことができ、
単位 [ rad ] を省略することが多い。

弧の長さの単位 ÷ 半径の長さの単位 で
単位は打ち消しあって無くなる

θ と書かれている場合は θ rad のこと。
度数法で角度を表すときは[ °] を絶対つけなければならない。

 

1rad ≒ 57.3°

 弧 = 半径 の時、角度は度数法で約 57.3°。
1 rad を約 3.14 倍すると 180°

半円周の長さは r π
半径 rπ( 3.14 ) したもの。

1 rad の弧の長さは 半径と同じ長さなので、
円の半円周は、
1 rad の時の弧の長さ r π ( 3.14 ) したものといえる。

f:id:koshinRan:20170724013602j:plain

π rad = 180°
2π rad = 360°

 

こちらから。
http://wakariyasui.sakura.ne.jp/p/math/ryou/radian.html
https://sci-pursuit.com/math/radian.html
http://mathtrain.jp/kodohou

 

以上。