パワハラにあった時

パワハラだけでなく、セクハラにあった時の対処もほぼ同じ内容。

 

対処

  1. パワハラ本人にやめてほしいと意思表示。不快感を見せる。
    加害者が気づいてない可能性がある。

    軽度な場合や本人が無自覚なケース
    害を加えることが目的の場合、意思表示しても解決しない。
    さらにひどくなる可能性があるので、慎重に検討する。
  2. パワハラ本人の上司、周囲に止めるよう頼む
  3. パワハラされた具体的な日時、場所、誰が見ていたかを記録
  4. 社内外の相談窓口、親しい同僚に相談

    会社が加害者側に加担するケースでは、解決しない。
    社長が加害者であるような場合でも、会社の相談窓口があれば相談
    訴訟なので争う際に「相談したのに対応してくれなかった」という
    事実を残せる
  5. 労働局の相談コーナーや、専門家に相談

 

証拠を集めておく

画像、メール、音声データなど証拠が手に入らない場合。

メモ書きであっても、裁判の証拠となる。
「いつ」「どこで」「何をされた(言われた)」を詳細に記録する。
手書きメモを写真撮影すれば、デジタルにメモをした時刻が残るので、
証拠能力が高まるといわれている。
さらに、
日時、状況を詳細に記録したメモと合わせて、
同僚や家族に相談した事実なども加えて証拠として提出。
精神的苦痛から医療機関を受診した場合、
診断書も証拠の一つになる場合がある。

直接立証できない証拠なので数をそろえること。

  • 日付
  • 時刻・経過時間
  • 相手の言葉・表情
  • 周囲の状況・反応
  • 自分の心境・苦痛
  • 周囲に相談した事実
  • 診断書 ( 受診したならば )

 

また、
パワハラの相談、報告後の結果も記録
逆ギレされたなどある。
怪我をしたり、物を壊されたりした場合は写真に撮っておく

 

セクハラを受けた場合、拒絶していることが重要
我慢して受け入れていると、合意したと主張されかねない
明確な拒絶の意志を伝えることで
嫌がっているという事実を作ることができる。

 

 

こちらから。
http://sakabesharoushi.hatenadiary.jp/entry/2015/08/17/082000
https://seikatsu-hyakka.com/archives/6545/2
https://roudou-bengoshi.com/harassment/sekuhara/2722/
http://労働問題相談.com/sexualharassment/evidence-sexualharassment/
https://roudou-pro.com/columns/54/

 

以上。
パワハラか厳しい叱咤か不明でも、記録しておいた方がいいと思った。