アルゴリズム設計の基本要素 順次構造

順次
選択
反復

 

順次構造とは、
命令 ( 処理 ) を順番に実行していくだけの単純なプログラム構造のこと。

1 ) hoga を実行する。 
2 ) 次に fuga を実行する。
3 ) 次に piyp を実行する。

というようにかける。
順番が逆になると正しい結果が得られず、間違ったアルゴリズムとなってしまう時もある。

 PAD という表現方法を使うと以下のようになる。
f:id:koshinRan:20171123003057p:plain

PAD では四角で表された箱を基本処理箱と呼び、
この中に実行したい処理を書き込む。

箱を上下に並べて線をつないだ時に上から下へと
処理が実行されると約束されているので、
箱を上下に並べて線で結べば、順次構造になる。

 

 

PAD ( Problem Analysis Diagram ) 

図形的表現の一つ。

 

設計の正しさの確認や顧客などとの意思疎通図面を使う
よく知られているものにフローチャ ートがあるが、
以下のような欠点がある。

複雑なアルゴリズムになると、線が錯綜して分かりにくくなる
初めから順に線を追う必要があり、
    目線を上下左右に動かさなければならない。
同じアルゴリズムでも作成者によって見た目が違う図となる。

 

フローチャ ートの欠点を解決するために提案されたのが PAD
特徴は、

複雑なアルゴリズム明確に表現できる。
基本、目線は上から下に動かすだけで読める。
同じアルゴリズムであれば、作成者によらず同じ図となる。
構造化プログラミング言語へのコーディングが簡単

 

 

書籍から。 以上。