00b_キャリブレーション ( 少し追記 )

 多分、外部パラメータやら何やらとは少々異なるのだろうが、
イメージはしやすかった。
正確に知ろうとすると、世界座標が云々カメラ座標が云々と必要になる気がする。

 

撮影した画像の倍率により 1 画素あたりの実寸値が異なる
画素の大きさは常に一定だが、
撮影した倍率によって 1 画素の実寸値情報は異なる。f:id:koshinRan:20171208001637p:plain

 

そこでキャリブレーションという操作が必要になってくる。

測定を行う画像と同じ倍率でミクロメータ物差しを読み込み、
1 画素の実寸値情報をソフトに登録する。
この登録した情報を基に測定することが可能となる。

 

上でのミクロメータや物差しに当たるのが、チェスボードサークルグリッドかと。

 

こちらから。
http://www.inotech.co.jp/technical/cal.html

 

以上。

画素: デジタル画像を構成する最小要素。1 画素には R G B の情報が格納。