仕事術_仕事量を把握する

無理をしないこと。

 

「少し残業すれば大丈夫」が積もり積もって常に残業することになり、
精神・肉体に大きく負担がかかる。

 

無理しないためには

抱えている仕事を正しく把握しておく必要がある。

どのような仕事が、
どの程度あり、
・それぞれどれくらいの時間がかかり、
いつまで完了しなければならないか。

新しい仕事を依頼された時は、その仕事を現在の予定に
組入れることが可能かを判断する。
出来ないのであれば、現状を話して期日の変更や既存仕事の
期日や内容の調整を行う。

 

「頑張ればなんとかなる」という精神論で仕事はできない。

 

仕事には必ず不測の事態が発生する。
無理をして引き受けた仕事トラブルが発生したら対応することが出来ない

 

 

書籍から。
以上。

他にも、下記の様にあった。
・無理 = 自分の能力を超えたことをすること。
・無理をしなければ、不測の事態に柔軟に対応できる。
・少し余力を残して仕事をするのではない。

が、

無理をしなければ成長しないと別部署の上司が言っていたのも一理あるかと。
それに、スケジュール組む上でバッファを持つことは必要だと思ってる。
余力 = バッファ でないかもしれんが。