インターフェースとは

interface【名】:境界面、接点、接触面、仲立ちなど。

2 つのものが接続・接触する箇所

両者の間で情報や信号などのやり取りをする為の、手段規約を定めたもの。

ハードウェアインターフェース
ソフトウェアインターフェース
ユーザインターフェース
がある。

 

ハードウェアインターフェース

複数の装置を接続して通信する際の規約

コネクタの形状や、電気信号などの形式を定めているもの。
ex ) USB、SATA など。

コンピュータ内部のデータ伝送
コンピュータと周辺機器のデータ伝送
コンピュータ間の通信
など、用途に合わせて様々なインターフェースが存在する。

 

ソフトウェアインターフェース

プログラム間でのデータをやり取りする手順や形式を定めたもの。

特に、
OS やミドルウェア、ライブラリなどの機能を外部から呼び出して
利用するための規約を API ( Application Programming Interface ) という。
通常では API のことを指す場合が多い。

 

ユーザインターフェース ( UI )

コンピュータ利用者に対して情報を表示する方式や、
利用者が情報を入力する形式を定めたもの。

CUI が使われてきたが、コンピュータの性能向上・大衆化を受け
GUI が広く使われるようになっている。

 

 

こちらから。
インターフェースとは - IT用語辞典
http://www.pc-master.jp/words/interface.html

 

以上。