苛立ちについて

イライラすると疲れるので、どうにかならないかと思い調べた。

 

イライラはストレス反応
イライラは自分に対するのと他人に対するのがある。

原因は人それぞれだが、
現実目標や理想とのギャップを感じるとストレスがかかり、苛立つ。
劣等感や自己嫌悪もギャップのうちかと。

 

人がストレスを感じる時の感情

怒り ( 自分・他人に対する )
・恐れ ( 不安・心配 )
・緊張 ( プレッシャー )

コントロールが難しいのが「怒り」。
怒りはほとんど思考を挟まない反応に近い
他の二つは想像したり考えたりする余地がある。

 

怒りを引き起こすトリガー

我慢
ex ) 悪質な客、理不尽な上司の命令など。

妨害
行動の阻害。
ex ) 騒音による睡眠の妨害、帰宅時の渋滞など。

不快な刺激
ex ) 騒音、痛み、空腹、他者からの非難など。

 

~すべき、しなければならない、という思考は怒りをためやすい

怒りへの段階

( 1 ) 高い目標。忍耐が必要。
( 2 ) 目標実現のために忍耐が継続する中で、被害者意識がつのる。
( 3 ) 被害者意識が怒りに結びつく。
( 4 ) 怒りが自分だけでなく他人にも向けられる。
( 5 ) 他人へ我慢や忍耐を要求するようになる。

ex )
生活できるのは誰のおかげだ、となじる。
頑張っていると思えない同僚にイラつき、態度や発言に出る。

 

対策

怒りを抑えるより、思考を変える方が無理なくできる。

・自分と他人は異なる存在なので仕方がないと割り切る

何事にも 80 点主義で行う。
    自分を許せないから、他人も許せない。
    自分を受け入れる余裕が出来れば他人にも寛容になれる。

イメージ通りにいけばいい方
    思い通りに物事が進まないことの方が多い
    そして落ち込む。
    落ち込んでいる自分を「こんなこともある」と受け入れる。
    そうすれば立ち直りも早い。

 

 

こちらから。
http://any-stress.com/archives/6935
https://sl-journal.com/how-to-calm-the-mind-479.html
https://fuminners.jp/newsranking/6647/

以上。

自分の場合、現実と理想のギャップへの怒りによりイライラするんだろうなと思った。
ex)
理想は静寂だが現実だと騒音でうるさい。
理想は定時上がりで遂行できる命令だが現実だと毎日終電でないと遂行でできない命令。