ガンマとは

液晶ディスプレイ ( LCD ) の表示に大きな影響を与えるガンマ。
白飛び・黒つぶれや、Mac で制作した画像 → Win で表示すると暗くなったりするのは
ガンマが原因のことが多い。

白飛び:明るさの強弱がある部分が白一色となる状態。白っぽくなる。
黒つぶれ:暗い部分が黒一色となる状態。ex ) 星空を撮影してもただの黒

 

ギリシア文字の第 3 字。γ。
べき関数 ( x ^ a という関数 ) 。他の値を指数として累乗される値。
ある入力値を変更するために用いる「べき指数」。
ex ) 2 ^ 8 。2 の 8 乗。8 が指数。2 ^ 8 がべき乗 ( 累乗 )。

画像処理においては、中間調 ( グレー ) の明るさを示す。

 

PC 環境で色を扱うハードウェアには、
ディスプレイ、プリンタ、スキャナなどある。

これらの機器を PC とつないで利用する際には、
それぞれに色情報の「入力」と「出力」が発生するが、
各機器には固有の発色特性 ( クセ ) があり
入力された情報をそのまま素直に出力できない

この入出力における発色特性のことを「ガンマ特性」という。
デジカメなどで得られた画像の RGB 値は、
ガンマ補正がすでに施されている ( ガンマ値は 2.2 )。

 

PC が表現できる色

PC ディスプレイに表示される色のデータは R・G・B の組合せで
成り立っており、各 8 ビット ( 256 調 ) の情報を持つ。

256 の 3 乗で 約 1677 万色となり、これを一般的にフルカラーと呼んでいる。

一部に 10 ビット ( 1024 ) つまり 1024 の 3 乗 ( 約 10 億 6433 万色 ) の
発色に対応したディスプレイも存在するが、OS やアプリケーションのサポートが進んでおらず、
1677 万色がスタンダードな色環境。

 

PC と ディスプレイでの色やり取り

PC からディスプレイに入力した RGB 各色 8 ビットの色情報を
正確に出力できる関係、つまり「入力:出力」=「 1 : 1 」の関係が理想

だが、PC とディスプレイではガンマ特性 ( 発色特性 ) が異なる為、
色情報の伝達は「入力:出力」=「 1 : 1 」にならない

 

ではどうするかというと、
各ハードウェアのガンマ特性を数値化した「ガンマ値 (γ) 」を
当てはめた関係になる。

色情報の入力を「 x 」、出力を「 y 」とすると、ガンマ値を
適用した関係は「 y = x ^ γ ( ガンマ ) 」という式で表わされる。^ はべき乗

https://www.eizo.co.jp/eizolibrary/other/itmedia02_07/  より拝借

f:id:koshinRan:20180806205800p:plain

 

理想は「 y = x 」だがガンマ特性 ( ガンマ値 ) がある為、こうはならない。
通常は、Win 標準のガンマ値となっている 2.2 に合わせて調整される。
Mac OS のガンマ値は 1.8 。

 

 

こちらから。
https://www.eizo.co.jp/eizolibrary/other/itmedia02_07/
http://diji1.ehoh.net/contents/shirotobi.html
http://w3.kcua.ac.jp/~fujiwara/infosci/gamma.html
http://compojigoku.blog.fc2.com/blog-entry-23.html
http://blog.thetheorier.com/entry/index-exponent-repeated-multiplication
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q138902473

以上。