コンテキストとは

C# での実行コンテキスト調べたかったが重い。そしてよく分からない。

文脈・前後関係・状況。
利用者の意図や状況、環境などの総体を表したり、
同じ処理記述でも状況に応じて動作などが異なる場合に、
その選択基準となる条件などを指す場合が多い。
ex )
マウスの右クリックで現れるクリックのメニューで、
画像の上と文字の上でのクリックでメニューの内容が異なる
コンテキストメニューという。

 

プログラミングにおけるコンテキスト

同じコードプログラムの要素が、
その置かれているプログラム内での位置や、実行される際の内部状態などによって
異なる振る舞いをしたり、異なる制約を受けたりすることを指す

また、
画面描画・グラフィックス処理、入出力機器の制御などで、
入出力先の装置を抽象化し、プログラム上で扱えるデータ構造の集合など
形に表したものをコンテキストということがある。
( デバイスコンテキスト・グラフィックスコンテキスト・レンダリングコンテキスト等という )
データ構造:データの集まりを扱いやすいように、一定の形式で格納したもの。

 

--ちょっとすぐに意味分からなかったので文メモ--
入出力先の装置を抽象化したものをプログラム上で扱う為に、
データ構造の集合などの形にする。
この「入出力先の装置を抽象化した」データ構造の集合など、のことを
コンテキストという。 

 

OS の実行制御におけるコンテキスト

コンピュータの処理装置 ( CPU ) が現在実行している
処理の流れ ( プロセス、スレッド )一時停止し、
別のものに切り替えて実行を再開することコンテキストスイッチという。

一つのプロセッサ ( コア )複数の命令の流れを同時
実行状態に置くマルチタスク制御のために行われるもので、
ある命令の流れの実行を中断し、同じように中断していた別の流れの実行を
再開する処理を指す。
この切り替えを短い時間ごとに頻繁に行うことで、
あたかも人間には複数のプログラムが並列に実行されているように感じる。

 

実行の流れを切り替えるには、
単に切り替え先のプログラムで次に実行される命令を読み込んで
CPU に投入するのでは不完全で、
切り替え直前の CPU 内部の記憶装置 ( レジスタ ) の内容などを
メモリ上に移し替えて保全し、同じように保全されていた切り替え先の、
直前の実行状態を書き戻すといった処理が必要。

このような、
あるプログラムのある瞬間の実行状態の全体を指してコンテキストという。

プロセッサ:
CPU もしくは、実際にデータや命令を処理するハードウェアのこと。

レジスタ
CPU 内部にある、演算や実行状態の保持に用いる記憶素子。
演算などの処理を行うためのデータをメモリから読みだし・途中経過を保持、
メモリ上のアドレス ( 番地 ) などを指し示したりするためになどに用いられる。

 

 

 

こちらから。
https://it-words.jp/w/E382B3E383B3E38386E382ADE382B9E38388.html
http://e-words.jp/w/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%83%88.html
https://ufcpp.wordpress.com/2014/02/21/%E5%AE%9F%E8%A1%8C%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%83%88/
実行コンテキスト ( execution context: 実行の文脈 )。
文脈 → 意識することなく皆が共有している情報、という意味。

以上。